医療のQとは?

家族

医療の現場……今考えなければならないこと

病院は何が起こっても破綻するようなことがない、そう思ってた人の多かったと思いますが今は病院が経営して行けない状態です。
何件もの病院がなくなっていき、特に地方では大きな病気を抱えると地域医療ではどうする事も出来ず、結局遠く離れた大きな病院へかかるしかなくなっています。

また救急の現場では、都市部でも「たらいまわし」となってしまう事が多く、助かる命も助からない状態となっています。
これから先日本は超高齢化社会を迎えるという状態なのに、その前の段階で医療現場が困窮しているのですから、今、私たちは医療という問題をしっかり考えなくてはならないのです。

日本の医療はどんな問題を抱えている?

日本国民には、公的保険がありいつでも安心して病院へ行くことができるという安心感がありました。
でも皆さんは2025年問題をご存知でしょうか。

団塊の世代と呼ばれている「子供たちが多かった時代」、昭和35年あたりに生まれた人たちが2025年に75歳以上、つまり後期高齢者となります。
団塊の世代が75歳以上を迎える時、少子化に悩む日本がどのようにしてこの世代を支えるのか?今日本では、「国民はみんな保険を利用できる」という崩れるはずがないと思っていた安心が、総崩れになる手前の時代を迎えているのです。

医療分野は常に需要が間に合わない状態

医療分野では医師、看護師、検査技師、さらには看護助手、介護に関係する人材、すべてにおいて全く足りていない状態です。
資格を持っていても結婚、出産を経験し、復職するという際、お子さんをみてくれる保育所が足りません。
核家族化となっている家族が多いので、子供を見てくれる祖父母も一緒に暮らしていません。
保育施設があるところじゃないと医療分野で働くことは、たとえ資格を持っていても「無理」なのです。

これから医療は超高齢化社会をどう支えていくかという事を真剣に考えなくてはなりません。
雇用する側も、働き手の家庭環境等を考慮した幅広い雇用を考えていかなければなりません。
こうしたことをしっかり考えている医療機関で今多くなっているのが、正社員以外の働き方、アルバイト、パート、そして派遣社員という雇用です。

様々な雇用形態を医療機関等が利用する事で、今、資格を持っていても働くことができない人材を、働く現場に引き出すことができるのではないか?と医療のQは考えています。
多くの人材をよりよい働く現場に導くことが出来たら……需要と供給が少しでもバランスよくなるように、私達医療のQもしっかりお手伝いしていくため、このサイトを作りました。