介護

医療業界の大きな課題とは?

急激に進む超高齢化社会の中で医療に求められるもの

2025年問題、これは団塊の世代と呼ばれる人口が多い世代が一気に75歳以上になる年です。
つまり後期高齢者がこの年、一気に増加するため、その前に何とか社旗保障制度や医療分野の問題を少しでもクリアしておくべきなのです。

高齢になれば医療機関を受診する機会が年々増加していきます。
医療、介護などの施設を多数建設しなければなりませんし、介護費用や医療費の問題、さらに老老介護となる家庭が多くなるなども考慮しなければならず、日本はこの先、医療と介護に大きな問題を抱えていくことになるのです。

介護分野にも多くの医療人材が求められる

医療分野の働き手は今も需要が供給を勝っている状態です。
これはずっと変わることなく、常に人材不足状態なのですが、これからさらに超高齢化社会に入っていくことで、医療分野でも高齢者が関わる事が多くなるでしょうし、介護施設においても医師、看護師、介護士などの資格者が必要となり、人材の確保は急ぎ考慮しなければならない問題なのです。

介護施設が一杯という現状で、すでに多くのご家庭で在宅介護が始まっています。
しかし在宅介護は介護する人員が必要となる、介護する側はプライベートな時間が全くなくなるなど、家庭崩壊につながる危険性も少なくありません。
この先、介護施設を増加すること必須という事を国も理解しているのですが、なかなか思うようにいかないというのが現状です。

予防医療を推進する必要がある

これから先、医療業界に求められていることとして、「予防医療」があります。
病気にならないように病気になる前に予防的措置を考える医療、それが予防医療、予防医学です。
日本ではこうした学問はなかったのですが、高齢化が進む日本において、医療費の増加は避けられず、大きな病気になる前に未病状態の段階で身体をいい方向に持っていくことが求められています。

健康を維持する事で国が負担する医療費を少しでも軽くできます。
生活習慣病など国民病と呼ばれている疾患を少しでも減らし、将来大きな病気につながる事がないようにしていくためにも予防医療を推進することは日本にとって重要な事です。

人材確保が出来なければ破たんする病院もある

病気をしたら治療してくれる医師がいて、看護してくれる看護師がいる、これが当たり前の事と考えている人も多いでしょう。
しかしこの先、医療分野の人材が不足する事によって、この当たり前のように受けられる医療を受けることが出来なくなる可能性もあるのです。
未来に向けて真剣に医療分野の人材確保を行わない限り、破たん、経営難に陥っていく病院はこれからも増え続けると予想されます。