介護福祉士

社会福祉の専門職「介護福祉士」

介護福祉士とは、「ソーシャルワーカー」と呼ばれる仕事に就く為の国家資格が必要な職業です。
身体的・精神的・経済的なハンディキャップを抱える人から相談を受けて、日常生活がスムーズに行うことができるように支援したり、困っている問題について解決に導けるように支えたりすることが主な仕事になります。
具体的には、食事や入浴、排泄等の身体介護を行っています。

社会福祉士の仕事は、介護するだけではなく、介護をする家族に対し、どのように介護をしたらよいか、相談にのったり、アドバイスをする役割もあります。
また、他分野の専門職等と連携して、包括的な支援を進めたり、社会資源等の開発をする役割も担っています。
介護福祉士は、名称独占資格ですので、その資格を持つ人のみ介護福祉士を名乗ることができる専門職になります。

介護福祉士の業務には、大きく「身体介護」「生活援助」「相談・助言」「社会活動支援」の4つの種類に分けることができます。
「身体介護」とは、食事、排泄、衣服の着脱、入浴、身体の衛生管理等を行う業務になります。
また、ベッドから椅子への移動、自動車への乗り降りや歩行、車椅子の移動等も含まれています。
日常生活において、利用者がどんなことを希望しているのかを、利用者の立場になって介護をすることが大切となります。

「生活援助」には食事、洗濯、掃除、整理整頓、買い物等の日常的な家事全般のサポートです。
特に在宅介護では家事援助は重要になってきます。
利用者本人が、その人らしく生活する為にはどのような援助が必要か、家族や周りの人を含めてニーズに対応した援助を行います。

「相談・助言」とは、介護を受ける利用者だけではなく、その家族や介護者の生活、身体、介護に関する相談や助言を行います。
その為には介護福祉士として専門的な知識が必要になります。
介護生活を送る上で、どんな杖が安全か、どんな福祉用具があるか、日常的に必要な知識も要求されます。

「社会援助支援」とは、介護を受ける利用者が孤立しないように、家族や近所の人たちと良好な対人関係が築けるようにお手伝いをします。

介護福祉士の活躍の場

介護福祉士の働く場には、特別養護老人ホーム、老人保健施設等での介護サービスや、グループホームでの介護サービス、あるいは、居宅サービスの事業所で訪問介護員、いわゆるホームヘルパーとして活躍している介護福祉士も大勢おられます。

介護福祉士に必要な資格

介護福祉士は国家資格ですので、介護福祉士の受験に合格し、登録を行って介護福祉士を名乗ることができます。
資格取得のルートには「国家試験に合格すること」と「養成施設を卒業すること」の2つがあります。
ただし、介護福祉士の需要はますます伸びており、その法律に関しても毎年のように改正が行われていますので、介護福祉士を目指すという方は、試験を受ける年の最新情報を必ずチェックしておきましょう。