精神保健福祉士

需要が急速に高まる「精神保健福祉士」

「精神保健福祉士」は、「精神科ソーシャルワーカー(Psychiatric Social Worker)」の頭文字をとり「PSW」とも呼ばれており、1998年に始まった精神保健福祉士で定められた国家資格となります。
精神科のある病院や精神障害者社会復帰施設等で、精神障害者に対して社会復帰の為のアドバイスをしたり相談にのったり、訓練や指導等の支援を行います。
精神障害者の保険や福祉に関する豊富な知識が必要となる仕事であり、知識、技術を活かして地域社会と精神障害者を繋ぐパイプ役をしています。

医師や臨床心理士等と連携して業務を行ったり、行政機関で各種手続きを行ったり、給付金制度の案内をすることもあり、その業務内容は多岐に渡りますので、幅広い知識とノウハウ、コミュニケーション能力が必要になる仕事であると考えられます。

精神保健福祉士の活躍の場

精神保健福祉士が働く場所には、精神科の専門病院や総合病院内にある精神科、精神科や心療内科のクリニック等、大小様々な医療施設が主な活躍の場となっています。
他にも、行政として障害福祉サービス事業を行っている施設もあります。
行政機関では、保健所や保健センター、精神保健福祉センター等が代表的です。
行政機関ですので、ここで勤務することは、地方公務員の身分になりますので、就職先としては高い人気があります。

近年では、児童精神福祉、高齢者の精神福祉に対する需要が高まっていることもあり、児童保護施設や少年院、あるいは、保健施設や教育機関へ就職する精神保健福祉士も多く、職種の豊富さも精神保健福祉士になる魅力となっています。

例えば、精神科病院で働く精神保健福祉士の場合、精神科で専任して、入院患者が退院、社会復帰するまでトータルサポートを行います。
中には、入退院を繰り返して社会復帰まで容易ではない人もいます。
そんな場合でも患者とその家族と連携を撮りながら社会で自立して歩んでいける支援を行います。

精神保健福祉士になる為の資格

精神保健福祉士になるには、国家資格が必要になります。
受験資格は「1.福祉系の4年制大学を卒後する」「2.福祉系の短大を卒業し、実務経験を1~2年積む」「3.一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する」「4.一般の短大を卒業し、実務経験を1~2年積んだ後、一般養成施設に1年以上通学する」の4つのルートが考えられます。

中でも最短ルートとされているのは1の高校卒業後、保健福祉系の4年制大学へ入学して必要な課程を履修後、卒業と同時に受験資格を得られるルートになります。
保健福祉系の大学で「指定科目」を勉強すれば、実務経験不要で卒業すると同時に、すぐに国家試験を受けることができますので、最も効率的なルートといえるでしょう。