給与計算

看護師の給与・年収

看護師はどの程度のお給料?

激務と呼ばれる看護師の仕事ですが、働く場所によって休む暇もない職場もあれば、ある程度余裕を持って働くことができる職場など様々です。
施設によって業務する時間帯も変わりますし、正社員やパート、また派遣社員などの雇用形態の違いで就業時間、残業時間、またお給料も変化します。

色々な働き方があるので一概に言えないのですが、看護師の平均年収を見てみると、450万円前後ということなので女性が多い職場としては高い方といえるでしょう。
主任看護師、師長など役職がついていくと年収はさらに高くなる傾向があり、大体400万円から600万円くらいと考えておくといいでしょう。

勤務先によって入院施設があれば当然夜勤もあります。
正社員はシフトに組み込まれるのが通常なので、夜勤も準夜勤もあります。
肉体的にも精神的にもかなり辛いという職場もありますし、入院のない医療機関では残業もそれほどなく、パートなどで家族の時間を優先して働く方も少なくありません。

手当によって高くなる看護師の給料

看護師のお給料は、手当によって高くなるといわれます。
基本給だけをみると、一般企業勤務の方と比較してそれほどの差はありません。
これに加えて、夜勤、休日出勤に関しての手当て、また認定看護師などになればその分お手当てが付くためお給料も上がります。

入院がある医療施設の場合、日曜日、祝日も出勤ということになるため、休日手当が付きます。
お給料メインで働くということではなく、家族の時間も大切にしながら無理なく働きたいという看護師も多くなっていて、この場合、入院施設のない医療機関や日中だけの雇用として、派遣、パートなどを雇用形態を選ぶことも可能です。

一生の仕事となる看護師

看護師は国家資格となるため、結婚、出産を経て復職されるという場合も、仕事がない、ということはほとんどありません。
過疎地域など医療機関が少なく働く場がないというところはあるとしても、看護師としての働き口は、そのほかの職種よりもかなり多く、常に需要が勝っている状態です。

お給料がほかの職種よりも高いという面が魅力的ですが、人の命と対峙する場面もあり、精神的、肉体的な疲弊を考えると、このお給料が高いとは全く感じません。
ストレスの多い職場で、常に私たちの健康を深く考えてくれている看護師の方々にとって、お給料がそれに見合ったものかどうか、疑問が残るところです。