仕事内容

看護師の仕事内容

看護師の仕事はさまざま

以前は激務といわれた看護師の職業ですが、今は就職する医療施設などによって激務になる事もあるし、自分の時間をしっかり持って働くことができることもあります。
看護師といえば女の子の憧れ職業といわれましたが、今は男性も看護師を目指す方が多くなっていて、医療の現場にも男性看護師の姿を多く見るようになっています。

看護師の仕事は医療施設によっても違いますが、病院では血圧や体温、脈拍などを測ったり、医師の指導の元、点滴や注射を行う、また採血をして検査に出すなどが仕事です。
総合病院などの場合、看護助手が行うこともありますが、入院患者さんの食事の準備、お風呂に入れたり、シーツ交換や清拭などを行うのも看護師の仕事です。
救急医療に携わる看護師は救命医が必要な現場に立つことになるため、かなり高度な看護技術と経験、さらに知識も必要となり、そのまま手術となる事もありますので手術担当看護師という経験も必要になります。

医療の専門化が進む現代、医療現場でも看護師の仕事に専門性が求められるようになっています。
ある特定の病気に精通した看護師資格なども誕生し、看護師の役割は大きく広がっていくでしょう。

担当別の看護師、専門資格を持つ看護師

看護師も様々で、担当する部署によって働き方も違います。
通常、総合病院では入院があるので病棟看護師がいますし、外来に来る患者さんに対応するのは外来看護師です。
手術室に関しては手術に関する看護知識、サポートの実績などが必要となるためここでも、オペ室担当の看護師が必要となりますし、集中治療室で予断を許さない患者さんに対応するICU、NICUも特殊な知識、経験、実績が必要です。

看護師の資格に関しては都道府県知事交付の准看護師、国家資格となる看護師があります。
その他共に働く資格者には病気の予防や衛生管理などを行う保健師、妊娠や出産に大きく係る専門資格の助産師資格があります。
保健師にしても助産師にしても看護師免許を取得しないと取得できない免許です。

この他専門性の高い専門看護師、認定看護師がいます。
専門看護師は専門看護師認定審査を受ける必要があります。
癌患者さんへの看護、高齢者への老人看護など専門性の高い看護ができる技術を持った人が審査に合格する事が出来、専門看護師となるのです。

認定看護師はある特定の分野で熟練した看護技術と知識を用い、質の高い看護を実践できると認めた看護師に与えるものです。
認定看護師認定審査に合格しないと取得できません。

看護師の働く場所

看護師は様々な医療機関、そのほかの分野において活躍されています。
こちらのサイトでも詳しく説明しています。
>>病院以外で看護師資格活かせる仕事とは?人気の職場8つを紹介! | 『ナースハッピーライフ』

医療機関では大学病院、公立病院、私立病院のほか診療所、クリニックなどの施設があります。
また最近は介護の分野でも看護師の需要が高まっていて、介護施設、福祉施設などでも働く看護師も多いです。
このほか、保育所などに勤務する看護師もいますし、旅行などに帯同するため旅行会社に所属する看護師などもいます。