方法

看護師になる方法

看護師になるためには専門教育が不可欠

看護師になるためには医療、看護の専門的知識と技術が必須となります。
そのため、専門教育を受けた人であり、看護師の国家資格試験に合格した人以外、なる事はかないません。

看護師になるためにはいくつかの道があります。
以前は中学を卒業して高等学校衛生看護科へ進学、そこで准看護師資格を取得し看護師になるという方法でしたが、現在では多くの方が、高校を卒業後、看護の専門学校、短期大学、大学に通うという道をすすみます。

高校から専門教育機関へ

高校を卒業してから、3年間看護師の専門学校に通う、また看護師の短期大学に通う、さらに4年間の大学に通うという選択肢があります。
そのほか、医療機関で働きながら定時制に4年間通い看護知識を身につけるという方法があります。

最近はより高い専門知識を持った看護師になりたいということで、看護大学で勉強される方が多くなっています。
看護大学の場合、看護師資格取得後、保健師や助産師の資格を取得するために学ぶこともできますし、保健師、助産師になるために必要な知識や技術を学ぶことも可能です。

高度な知識、専門的な技術、そして経験なども必要になってくる看護師になるためにまずはこうした専門教育機関に入学する事が求められます。
最近は非常にレベルの高い知識と技術が現場から求められているという傾向もあり、乳歯が難しくなっており、看護大学などに進学するための予備校なども存在しています。

専門教育を修了後、それぞれの道へ

看護師というと病院にいるイメージがありますが、看護師の国家試験に合格した看護師は、医療機関や介護、福祉機関、また行政の人材として保健所などで働くこともありますし、介護の分野にも高い需要があります。
また企業でも企業内クリニックを置く企業が少しずつ多くなっているため、企業内のクリニックで看護師として従業員の健康を守るという役割を果たしている看護師もいます。
これから先は介護施設なども多くなっていくことが予想されるため、介護、福祉などの分野もさらに看護師の需要が高くなっていくでしょう。