比較

薬剤師に向いている人

几帳面な性格が向いている?

お薬を調剤しお客様に渡すという大切な役割がある薬剤師は、几帳面で正確に対応できる性格の人が望ましいでしょう。
お薬は時に病気を持っている人じゃないと逆効果になってしまうものもありますし、体重や性別でお薬の量も違ってきます。
また併用して飲むお薬にも間違いがあっては大きな問題となります。
薬は分量が細かく規定されていますので、その規定を守り誤差なく患者さんにお渡しすることが求められるのです。

理系が得意という方

化学分野に深くかかわるのが薬剤師です。
お薬の成分を理解しておくことも重要ですし、効果、効能を理解する事また治療によって、病気によって併用するお薬があることなども理解が必要となるのです。

薬学部を卒業し、医薬品に精通しているということが薬剤師として当たり前のことですが、国家試験でも薬剤師として働く現場でも、深い科学の知識を持っている事が必須です。
製薬メーカーなどに雇用される場合、新薬開発に携わることも多くなりますので、化学が嫌い、理系は好きじゃないという人に向いている仕事とは言えません。

コミュニケーションをしっかりとれる人

人と会話することが好きで、コミュニケーションがしっかりとれるということも薬剤師としての資質です。
患者さんだけではなく、医師、看護師、また医薬品メーカーの方と向き合うこともありますし、特に患者さんは初対面の方でも、今の健康状態やほかに飲んでいるお薬がないかどうかなど確認することが必要です。

初対面に弱いという人もいるかと思いますが、コミュニケーションが取れない事には患者さんがどのような健康状態なのか知ることもできません。
医師と看護師、また患者さん、それに医師と製薬メーカーとの橋渡しをすることもあるため、人としっかり向き合うことができるコミュニケーション能力を持っている人材も求められる人材といえます。

服薬指導、上手にできるでしょうか

専門知識をまったく持っていない一般の方に、医師が処方したお薬について説明しなければなりません。
専門知識を習っている方なので、どうしても専門用語を使いたくなってしまうのですが、相手はまったく薬学や医薬品についての知識を持っていない方です。
そのため、一般の方にもわかりやすく丁寧に説明ができるということが望まれます。
専門用語を利用せず、患者さん一人一人にしっかりお薬の説明ができる人も薬剤師に向いている人といえます。