メモ・方法

薬剤師になる方法

薬剤師になるためには薬学部に行くことが必須

資格なしでも経験などがあれば対応できる業務もありますが、薬剤師という医薬品を扱う仕事に就くためには、薬剤師という国家資格が必要となりますし、薬剤師という国家資格を取得するためには、大学の薬学部で6年間、医薬品等の必要な学問を学び、薬剤師養成課程を修了することで国家試験を受ける事ができます。
つまり、薬剤師の国家試験は薬剤師養成課程を修了した者以外、受けることは出来ないということです。

全国各地に存在する大学のうち、薬学部があるのはそのうち74校です。
国立も私立も、他学部同様にあります。
こうした大学の薬学部に入学するということが第一関門です。
大学では疾病学や薬剤学、有機化学など様々な学問を学び、さらに薬剤師として専門的な知識を得るため、様々な幅広い知識、技術を身につけていく必要があります。

6年間のカリキュラムをこなし、卒業見込みを大学側からもらえる人だけが、薬剤師国家試験にチャレンジできます。
薬学部は近年まで4年生だったのですが、平成18年から6年間が必須となりました。
薬学部入学のための必死に勉強し、大学に入学、そこからが本番で6年間もの間、深い薬学を学ぶ必要があるのです。

国家試験はどのようなことを行うのか

薬剤師の国家試験へ年1回開始されます。
この1回を逃した、また不合格になったという場合、翌年の試験まで1年間待たなくてはなりません。

国家試験の内容は、物理、化学、生物、衛生、薬剤、薬理など薬学の幅広い範囲から出題されるため、薬学に関して深い知識を持っていることが重要です。
全国主要都市で試験が行われますので、自分が暮らすお近くの会場を探してみましょう。

通常、薬学部でしっかりと6年間、専門知識を学んでいれば合格するはずです。
医師の国家資格とは違い、通常、7割から9割が合格するといわれます。
在学中、薬学そのほかの知識と技術をきちんと学び、大学で学ぶ薬学の知識を持っていれば合格できるはずなのです。
これまで勉強してきた範囲以外からは出題されないのですから、日々の勉強を大切にしていくことが合格に結びつく行動となるでしょう。

薬剤師の最近の就職先

薬剤師の就職先として最も多いのが調剤薬局、もしくはドラッグストアです。
最近はドラッグストアにも調剤部門があり、医師の処方箋に対応してくれるところが多くなってます。

調剤薬局では市販品も販売されている事があるので、市販品に関する知識を持っておくことも必要な場合があります。
また患者さんにとってお薬は病気を治す大切なもの、また症状を緩和し日常生活を円滑に贈るためのものです。

お薬の成分の中には非常に強いものがあり、取り違えや間違いなどがあってはならない職場です。
注意力も集中力も必要ですし、時に、医師の処方が以前と違うと疑問を感じたとき、医療機関に問合せするなど臨機応変に対応する力も求められます。

今後、超高齢化社会になっていくことが予想される日本では、介護や福祉といった場面にも薬剤師の需要が高くなることが予想されます。
在宅介護や福祉施設などで活躍することも考慮し、こうした施設に関して就職先としての情報を得ておくことも、これからの介護士には必要なことになると感じます。
しっかりとした意識を持つことで質の高い情報を元に対応できます。