薬剤師・仕事

薬剤師の仕事内容

近年需要が高くなっている薬剤師

調剤薬局やドラッグストアなどが多くなっていることで、薬剤師の需要は現代、以前よりもずっと高くなっています。
薬剤師は医薬品について専門知識を持っているため、それを予防医療等に活かすということも求められていますし、最近は地域医療、在宅介護などの分野でも人材確保に動いているところが多くなり、注目の資格です。

仕事内容は様々で、調剤薬局、ドラッグストアなどの薬局系、製剤メーカーでの新薬研究や開発、さらに学校で働く薬剤師もいますし、行政機関の中で働く方もいます。
色々な業務へ広がりを見せている薬剤師の仕事内容はどのようなものか理解しておきましょう。

医療機関、調剤薬局で働く薬剤師

医療機関で働く薬剤師は入院患者さんや外来された患者さんにお薬を調剤したり、服薬指導を行う、またお薬についての説明なども行います。
患者さんが服用されているお薬について管理するとともに、医師、看護師、栄養士と提携し、総合的な医療チームとして働く薬剤師もいます。
調剤薬局では医師から処方された処方箋に沿って、患者さんにお薬を調剤することが仕事です。
その時に、現在の症状を聞いたり、お薬について質問をうけたり時に雑談しながら対応することもあります。

患者さんがアレルギーを持っていないかなど尋ねることも薬剤師の大切な仕事です。
薬剤師を目指す方は、こちらのサイトもオススメです。
>>薬剤師の仕事 | つくし薬局|『株式会社ワークイン』

医師に伝えていないということもあるので、こうした確認を行うことでトラブルを未然に防ぐことができます。
医師と患者さんの間に入ってコミュニケーションを円滑にするという働きも、薬剤師は持っているのです。

研究機関や治験、医薬情報のスペシャリストとして働く方も多い

病院や調剤薬局以外に、制約会社などで働く方も少なくありません。
例えば医薬情報担当者「MR」という仕事がありますが、病院に対し自社のお薬の情報を伝えるいわば営業的な仕事です。
このお仕事も医薬品に関して精通していなければならず、お薬について深い知識を持っていつことが必須なので、薬剤師や看護師などがMRになる事が多いです。

治験コーディネーターとして治験全般のサポート役を担ったり、官公庁で働く薬剤師もいます。
保健所に勤務する、また特殊な働き方として麻薬検査官などの業務をこなす薬剤師もいるのです。
薬剤師の仕事は多岐にわたり、この先、高齢化が進んでいくことが明らかなので、需要は高くなることが予想されます。