派遣

派遣として働く人が増えている

女性が多い職場とは

医療の世界をみてみると、医師や検査技師は男性が多い、でも看護師、薬剤師、介護士などを見ると女性が圧倒的に多いという事がわかります。
医療事務や受付などに関しても女性が多い職場です。
最近は看護師の中に男性が多くなってきていますが、それでもやはり病院などに行くと看護師は女性が多いということがわかります。

女性は結婚すると出産、また家族の事等がありどうしても家庭に時間を取られてしまう事が多いという事で、医療の現場に復職される方もいますが、なかなか医療分野の仕事に戻る事ができないという方も少なくありません。
しかし医療機関側からしても医療分野の人材の確保は必須の状態です。
常に需要が勝っている状態なのですから、雇用の幅を広げて人材確保に乗り出しています。
そこで最近多くなっているのが派遣という働き方です。
下記のような自分のライフスタイル、ライフプランに合わせた働き方を推奨している派遣会社も増えてきています。
薬剤師転職・派遣のファーマリンク【神奈川・東京・埼玉・千葉】

家庭をもってから医療分野で働くことの難しさ

病院では日中患者さんが常に訪れていますし、入院設備があれば夜の点滴、看護などが必要となるため、夜勤や準夜勤をしなければなりません。
入院施設のないクリニックなどでも、患者さんへの対応によって定時に帰宅できないこともあります。
救急医療に携わっている病院になれば、24時間どの時間帯も忙しい……という状態です。

これに加えて介護の現場でも看護師、薬剤師などの人材が求められています。
どれだけいても足りない……という状態で、医療施設側も、何とかして人材を確保しなければ入院は受け付けない病院にする、ベッド数を少なくするなど規模縮小を余儀なくされるという事にもつながります。

家庭をもっている状態で夜勤や準夜勤に出るという事はご家族の深い理解が必要となりますし、正社員で働くとなればクリニックなどでも激務になるところは多いです。
結婚、出産してから復職するという事が、医療の現場ではかなり難しいことになる事は、医療分野に携わったことがあるからこそ分かるでしょう。
医療機関などとしては、こうした状況を踏まえてその方にあった働き方を提示するため、アルバイト、パート、そして派遣という働き方も、選択肢に入れてほしいと願っているのです。

派遣なら働くことができる

派遣は派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社の社員として病院など医療機関に派遣されます。
派遣会社では、その方が提示する条件に合った仕事を紹介するので、自分では探すことが出来なかった仕事を見つけることができるという点がメリットです。

仕事内容、時間、曜日、勤務地など「自分の条件で」選ぶことができます。
これまでもっているスキルを活かすという事もできますし、この先スキルアップしていきたいという方も、希望条件の中に入れておけばいいのですから安心して復職、転職先を探すことができます。
医療施設側の都合で移動等になる事もありませんし、職種変更がないため、結婚されていても、お子さんに手がかかる年代でも安心して働くことができるのです。