眼科医の年収

意外に儲かる?眼科医の収入

医師はもともと、激務である以上に、その専門性から高収入と言われる代表的な職業の1つです。
中でも眼科の開業医の年収が高いということは、意外にもあまり知られていないようです。
開業医の平均報酬を調査した結果によると、2015年には第1位眼科で3,273万円、第2位は耳鼻咽喉科で3,005万円、第3位が整形外科で2,942万円となっています。
この数字は、開業医の平均報酬額から調査されていますので、中には経費が含まれている可能性も考えられます。

眼科の場合、機器類に経費がかさむことが予想できますので、それを差し引いて考えて、低めに見積もったとしたら、眼科開業医の実質年収は2,000万円強ということになります。
それでも十分に高収入であると考えて良いでしょう。
眼科医の平均年収が高額なのでしょうか。

眼科の主な収入源とは?

考えられる大きな要因は、まずコンタクトレンズの使用者の増加があげられます。
また、使い捨てコンタクトの使用者は圧倒的多数となります。
コンタクトの処方には、医師の処方箋が必要になりますので、使い捨てコンタクトを愛用している人は、コンタクトがなくなる頃に再び受診しに訪れます。
そのために、定期的に来院するリピーターとなってくれるのです。
また、レーシック希望者の増加も原因の1つと考えられます。

レーシックは単なる診察ではありませんが、大掛かりな設備が必要になる手術でもありません。
日帰りでできる手術ですので、こちらも割の良い収入源となってくれるのです。
つまり、視力矯正に関わるコンタクトやレーシックの手術のニーズにより、眼病等の疾患患者でない人たちも、一定数受診をしに来院されることになります。
さらに、忘れてはいけないのが中高年層の白内障です。

この白内障の日帰り手術も年々増加していますので、眼科医の報酬がますます上がる理由となります。
白内障の手術も時間がそれほどかからず、1人の医師で十分行えますし、回転率が高く、利益が揚げやすい手術と言えるでしょう。
このように、コンタクトレンズ、レーシック、そして白内障と、利益率の高い手術や受診があり、更に、数をこなしやすいメリットがあります。
何時間もかかる内科手術と比較すると、保険点数は大差がありません。

このことから、眼科医はコンタクトとレーシック、白内障だけで十分に儲かる医者という結論になります。

眼科医を開業するには

眼科医は、確かに現在最も稼ぎやすいという結果が出ましたが、導入する機械が高価であるというデメリットがあります。
その為、開業前に、どのような機器が必要か、的確な判断が鍵を握ります。
経営手腕も問われますので、儲かるからと安易に開業を決めないように注意してください。