眼科を開業するには

行う診療・検査を決めておく

開業前に決めておく事柄としては、白内障手術等の手術を行うかどうか等、どの診療や検査を行うか、行わないかという選択が大事になってきます。
開業時に購入する機器を検討する際に、考慮しなければいけない為です。
通常、手術用機器を揃える際には、手術を行わない場合に比べ、2,000~3,000万の機器のコストが上がってしまいます。
土地面積も、レーザー治療を行う場合には、30~40坪前後、手術を行うのであれば、50坪前後必要になってきます。

加えて、レーシック手術ともなると、全体が大きくなってしまいますので、個人の単独開業医であるなら、レーシックは大手でも苦戦が続いていますので、あまりお勧めはできません。

開業地を決めるポイント

眼科は世代を問わず、男女性別も問わずに広いターゲットにすることができます。
子どもであれば学校のプールの授業がある為に、結膜炎等が考えられますし、高校・大学生になると、コンタクトの処方が増加します。
高齢者になると、高確率で白内障になる人が増加します。
このように、眼科医の医院開業は幅広く患者を取り込むことができますので、ファミリーが多くいるエリアが最も望ましいと言えるでしょう。

ただし、子どもから大人まで幅広い年代層が住んでいるエリアがベストですが、どちらか選択をするのであれば、眼鏡処方、結膜炎等、利益率の低い医療に偏りがちになる若年層よりは、様々な理由で来院が予測できる中年・高年齢層をより重視する方が賢明と言えます。
そのことをふまえて、市場調査、とりわけ、地域の年齢分布の調査が重要になってくるでしょう。

開業後に利益を生み出す為には、開業前の市場リサーチや戦略がポイントとなりますので、慎重に考えて選択をするようにしましょう。
その戦略にそったクリニックの経営、及び診療体系の構築を行いましょう。
ただ単純に、人が多いから、競合が少ないからと決めてしまうことのないように注意しましょう。

眼鏡店との連携は必要?

視力検査と眼鏡・コンタクトレンズの処方は眼鏡店でも可能ですが、一定数の患者が正確で安心感のある検査・処方を求めて眼科を選ぶということもまた事実です。
特に、親が子どもの為の眼鏡を作る場合には、より安全性を求めて来ますので、「念の為に、眼科で見てもらった方が」となりがちです。
眼科クリニックにとって、視力検査や眼鏡・コンタクトレンズの処方は大切な収入源ですので、眼鏡店が近くにあるのであれば、連携が可能かどうか、打診してみてはいかがでしょうか。

眼科医開業に必要な開業資金

眼科医を開業するのに必要となる資金の目安について、土地・建物は約3,000万円から、設備投資として約2,000万円から4,500万円が必要と考えられます。
設備投資の内訳は、電子カルテ、レジスター、コピー複合機、診察要ベッド、椅子、顕微鏡、眼圧計、視野計、眼底検査機器、視力検査機器等があります。