社会福祉主事

社会福祉主事はどういった資格なの?

福祉事務所の現業員(家庭訪問・面談・生活指導等をする職員)として任用される為に必要となる「任用資格」です。
都道府県、市町村に設置された福祉事務所や公立の福祉施設等で働く公務員を「社会福祉主事」と言い、「ケースワーカー(ソーシャルワーカー)」として働いています。
社会福祉各法に定められている援護、または、更生の措置に関する事務を行う為に福祉事務所には必置義務があります。

社会福祉主事として仕事をする場合には、「社会福祉従事任用資格」を得てから公務員試験に合格し、関連する職場へ配属される必要があります。
具体的な仕事内容には、高齢や病気、障害、貧困等の理由で社会生活を送ることができない人の相談にのることで、必要ならば医療機関や養護施設等の関連機関と連携して必要な援助サポートを行います。

社会福祉主事を得るメリット

公務員として福祉事務所に勤務する、各種相談所に勤務するという場合には、「任用資格」が必要になります。
福祉について勉強してきたという証明にもなります。
老人ホームでの相談員の求人募集の際にも有利な自己アピールになります。
社会福祉主事任用資格は、公務員の為の資格になりますが、その一方で、社会福祉、介護施設の就職にも有利になります。

さらに、似たような名前の資格に「社会福祉士」がありますが、こちらは国家資格であり、受験に合格し、資格を得る必要があります。
合格率は非常に低く、膨大な範囲から出題されますので、介護職として働きながらの受験は非常に大変です。
社会福祉主事であれば、授業や講習を受けるだけで取得できますので、時間がないという人にも大きなメリットがあると言えるでしょう。

社会福祉主事の活躍の場

社会福祉主事任用資格が求められる職場には、「福祉事務所」では、現業員、査察指導員、老人福祉指導主事、家庭相談員、母子相談員があります。
「各種相談所」では、知的障害者福祉司、身体障害者福祉司、児童福祉士等があります。
また、社会福祉施設では、施設長、生活指導員等があります。

基本的には、社会福祉事務所で生活保護等を担当します。
他には、福祉六法に基づいた児童福祉施設をはじめ、老人介護福祉施設といった場所や、身体障害者福祉施設などで活躍しています。

社会福祉主事の資格

社会福祉主事の任用資格取得には、講習を受けるか、養成機関・大学等での授業を受けることで得ることが可能です。
試験はなく、修了することでとれる資格です。
既に介護職で、この任用資格をとりたいという場合には、通信制の大学に行くという手段もあります。
働きながら取得したい人にお勧めの、比較的とりやすい資格になります。