ケアマネージャー

介護保険のプロ「ケアマネージャー」の仕事

ケアマネージャーは、「介護支援専門員」とも呼ばれ、介護を必要とする人が、適切な介護保険サービスを受けることができるように「ケアプラン」と呼ばれるサービスの計画書を作り、サービス事業者との調整を行う介護保険のスペシャリストになります。
ケアマネー介護福祉士がステップアップの為にこの資格を取得したり、看護師のような医療従事者が、介護の専門知識を習得する為に取得するケースが多いようです。

ケアマネージャーの役割について

ケアマネージャーの大切な役割の1つに、介護保険サービスを利用する際に必要な「ケアプランの作成」があります。
作成の際には、サービスを受ける側である高齢者が抱える不安、問題点を明確にして、自立した日常生活を送れるように支援を行う上での課題を把握する「アセスメント能力」が必要となります。
つまり、課題分析を行い、利用者に必要な目標を決めて目標の達成状況を、随時モニタリングを行います。

また、介護保険サービスの利用で発生する介護給付費の管理も基本的にはケアマネージャーが行う大事な任務となります。
事業所に介護給付が行われるように、書類提出をします。

また、ケアマネージャーの重要な任務には、「サービス事業所と高齢者を結びつける調整役」があります。
訪問介護(ホームヘルパーの派遣)や通所介護(デイサービス)等がありますが、どこの事業所を利用するかの選定や情報提供を行います。

ケアマネージャーの仕事内容は多岐に渡っていますので、介護が必要な人には介護サービスを、生活困窮者には生活保護申請の補助を、といったように枠に囚われない業務内容となっていますので、やりがいや達成感に溢れる職場と言えるでしょう。

ケアマネージャーは公的資格

ケアマネージャー(介護支援専門員)になるには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければいけません。
介護支援専門員とは、国家資格ではなく、公的資格との位置付けとなり、試験は各都道府県が管轄・実施しています。
ケアマネージャーの試験は、年に1度、居住する都道府県で受験します。

受験資格を得るには、国家資格か実務経験が求められます。
受験資格にあたる国家資格には、社会福祉士、看護師、理学療法士、作業療法士、保健師、はり師、灸師、歯科衛生士、薬剤師、柔道整復師、言語聴覚士、医師、歯科医師、助産師、視能訓練士、義肢装具士等があります。
これらの国家資格がない場合には、老人福祉施設や在宅介護業務に従事している人、施設長等5~10年の実務経験があれば、受験資格を得ることができます。

ただし、介護の実務経験として、自宅で家族の介護をしていたというのは該当しません。
ケアマネージャーの試験を受ける場合には、受験資格があるか、まずは事前確認をしておきましょう。