ホームヘルパー

ホームヘルパー業務は「生活援助」と「身体介護」

ホームヘルパーは、高齢者や身体障害者に対して、日常生活を送る上で困ったことへの援助、またはケアを行います。
正式には「訪問介護員」と呼ばれ、ケアマネージャーが作成した介護サービス「ケアプラン」に従って、サービス利用者の自宅訪問をし、いろいろな介護サービスの業務を行っています。
具体的なサービス内容は、「身体介護」「生活援助」に二分されています。

「身体介護」とは、利用者が日常生活上自身で行うことが難しいとされる動作や能力について、ホームヘルパーが援助して利用者の機能・能力のケアを行います。
その内容には、トイレの誘導から始まり、排泄の介助、下半身の洗浄や清拭、おむつ交換、排泄物処理、トイレ掃除を行う「トイレ介助」や、利用者に適した食事作りと食事を食べる際のお手伝いをする「食事介助」があります。

場合によっては、利用者に流動食を用意したり、食事前には手洗いうがいの励行を行います。
他にも、下着交換、パジャマ交換のような「着替え介助」、入浴から洗髪、着替えの用意、浴槽掃除を行う「入浴介助」が主な仕事です。
他は、洗顔や歯磨きをする身だしなみの介助、服薬の介助、床ずれ防止に体位変換、外出時の付き添いといった付き添い介助と幅広い介助業務となっています。

「生活援助」とは、食事、掃除、洗濯等、生活をする上で必要なことをヘルパーが援助する業務です。
その内容は、トイレ、風呂場、キッチン、寝室等の掃除を行う「住居の掃除」、決められたメニューや利用者の意見を聞いて食事の配膳から片付け、洗い物を行う「食事の用意」、洗濯、買い物の代行、他にゴミ出し、布団のシーツ交換等、日常生活の援助を行います。

ホームヘルパーの活躍の場

ホームヘルパーの活躍の場は、多くの場合、訪問介護サービスの現場となる居宅です。
ホームヘルパーは、ケアマネージャーが作成したケアプランに従い、介護を必要とする利用者の自宅を訪問し、支援を行います。
事業所の多くは「社会福祉法人」「NPO」「民間企業」等があります。
就職先としては、介護保険制度が発展するにつれ、民間の訪問介護事業所、いわゆる「ヘルパーステーション」が急激に増えた為、ホームヘルパーの一番メジャーな就職先になっています。

ホームヘルパーになるには

ホームヘルパー(訪問介護員)として働く為に、絶対必要な資格はありませんが、介護は知識もサービスも複雑で難しい為、知識ゼロからのスタートは困難といえるでしょう。
その為に、介護の基本的知識、技術があることを証明してくれる「介護職員初任者研修」の受講がお勧めです。
この介護職員初任者研修は、従来ホームヘルパー2級に相当する新しい資格となります。