生活指導員

生活相談員に求められる役割

生活相談員は、特別養護老人ホームや指定介護老人福祉施設等の介護施設にて、利用者受け入れの際の面談や契約、様々な手続き等、利用者と施設の間に入って窓口のような役割を担っています。
具体的には、ケアマネージャーとの連絡窓口や入所施設の入退所手続きの業務、居宅サービス(通所、短期入所等)の利用開始や中止に伴う業務(利用者面接とアセスメント)等です。

また、居宅サービスの個別援助計画の作成、入所施設のケアプラン作成とその援助、入所・利用中の相談援助、利用者・利用者家族との相談、地域との連携・調整、苦情の窓口調整等があげられます。
生活相談員の業務の幅は非常に広く、なんでも屋のような存在でもあります。

生活相談員が働く場所

生活相談員の主な就職先は、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」や、「ショートステイ」と言われる短期入所生活介護、「デイサービス」と言われる通所介護があります。
生活相談員は、これらの施設を利用したいと考える利用者や、その家族の相談にのって、入所手続きのサポートや内外の関係者と連携をとって、適切な援助の計画を考える業務を行います。

特別養護老人ホームとは、要介護1から5の認定を受けた人が入所できる施設であり、65歳から受け入れ可能です。
身体上、または、精神上著しい障害によって、常に要介護の人、同時に自宅で適切な介護を受けることが難しい人に、入浴や排泄、食事等の介護や日常生活上のお世話、機能訓練、健康管理をする業務に携わります。
ショートステイは、特別養護老人ホーム等が常に介護が必要な人の短期間の入所の受け入れを行い、入浴や食事等の日常生活上の支援と、機能訓練等を提供するサービスを言います。

ディサービスは、送迎バスで利用者を送迎して様々なレクレーションや食事・入浴の生活援助サービスを提供しています。
他の利用者の方々や、スタッフとの交流を通して、利用者が孤独感を和らげたり、自宅での介護を行っている家族の為に負担の軽減になることを目的としたサービスの提供となります。
生活相談員とは、利用者の相談対応や契約の手続き、サービス計画の立案、連絡調整が主な仕事内容です。

その他の就職先として、知的障害者福祉施設で活躍している生活相談員も多く、入所者の生活援助や訓練、施設内作業の指導・各種行事の立案・実行、保護者や関係機関との調整等を主な業務にして、入所者の自立サポートを目指す仕事です。

生活相談員に必要な資格

生活相談員になるための資格とは、一般的に「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」のいずれかの資格があれば、生活相談員の業務に就くことができます。
ただし、国家資格試験に合格しなければいけませんので、計画的に勉強をする必要があります。