介護施設の調理職員

介護施設の調理職員の仕事内容

調理の仕事と聞くと、レストラン、カフェ、居酒屋等、いろいろな場所が浮かぶと思いますが、最近特に注目を集めているのが、老人ホームをはじめとした、介護や福祉施設での調理・調理補助業務です。
利用者の方や職員の食事を作る、大切な役割である調理職員ですが、他の飲食店との違いとは、一体何なのでしょうか。

施設によって仕事内容が異なる

高齢化社会に突入してから、全国的に爆発的に増加している介護施設では、それぞれタイプに分けることができます。
入居型では特別老人ホーム、介護老人福祉施設等、短期入居型ではショートステイ、通所型ではデイサービス、デイケア等があります。

介護施設にもいろいろありますので、大小異なる規模の調理室や厨房があり、事情がそれぞれ異なります。
施設によっては、給食センター等で作られた料理を器に盛り付けるだけの業務や、温め直すだけというところも珍しくないようです。
そのような場合には、料理をする場よりも皿洗いや片付けを行う場所の比重が大きくなっていて、業務内容もシンプルで、短時間で調理業務を終えることができます。

調理室、厨房がある施設の場合には、管理栄養士の方が中心となって献立を考え、調理の監督を行います。
調理・調理補助の役割とは、その監督の指示に従い、正確に調理を実行していくことが大切です。
他の従業員とも連携をとり、分担作業で調理を進めていく施設が多く、その為にもコミュニケーションをしっかりとることが大切になります。

また、このような場での調理職員に求められるのは、自分の勝手な判断でことを進めず、わからないことは周りのスタッフに聞くということです。
ミスや間違いがあると、大きなトラブルに繋がるという意識を持っておくことが重要になります。

利用者に合わせた献立作り

介護施設では、利用者や職員の方が食べる料理を作りますので、利用者によっては、献立が異なることがあります。
例えば、噛む、飲み込むといった動作が困難な利用者の場合には、食材を細かく切り、ミキサーですりつぶすというひと手間を加えます。
アレルギーや糖尿病、高血圧のような生活習慣病を持病に持つ場合には、食材の一部を変更したり、別メニューになったりすることもあります。

服用している薬との相性等も考慮して献立が考えられることもありますので、管理栄養士がきちんと個別メニューを考え、安全で美味しい食事となるように努力しています。
もちろん、これらの情報はしっかりと共有するように心がけましょう。

また、介護施設では、調理職員の仕事において、時間を守ることも重要です。
施設では、食事だけをしているわけではありませんので、入浴、リハビリ、レクリエーション等、スケジュールがきちんと決まっています。
食事が遅れて他の業務に支障が出ないように、時間をきちんと守るように心がけましょう。