手話通訳士

「手話通訳士」は手話を使って会話する仕事

手話通訳士は、聴覚に障害を持つ人が、他人と円滑なコミュニケーションを図れるように間を取り持ち、言葉を目に見える形の「手話」を用いて「通訳」する仕事になります。
情報が正しく伝わるように心がけることを必要とするデリケートな仕事であり、外国語の通訳と同様、健常者が話す日本語を手話に直す、逆に、障害者が使った手話を日本語に直すことが主な業務内容となっています。

用いる手段は異なるとはいえ、特殊な「通訳」という職業ですので、高度なスキルを必要とする仕事でありながら、今現在、この職務に国家資格はありません。
手話通訳自体、特別な資格を持たなくても仕事として行うことが可能です。
ただし、厚生労働省が認定する「手話通訳士」の資格を取得することが一般的とされており、資格取得後に登録すれば、裁判や警察、選挙関連等、公的な場面でも仕事ができるようになりますので、活躍の場はより広がりを見せることになります。

手話通訳士の活躍の場

手話通訳の仕事を行う人全般を手話通訳士と呼ぶようですが、本来は、手話通訳士の資格試験に合格し、登録をした人が「手話通訳士」と名乗ることができます。
その多くは、障害者援護施設等、公共や民間の福祉関係施設で活躍しています。
ただし、ずっと手話通訳をしている訳ではない為、手話通訳士としての仕事だけをしている人はまれなケースです。

一般的には、介護福祉士や、社会福祉士等の介護職・生活相談員等を兼務していることが多いようです。
手話通訳士は、障害を抱える人との繋がりが深くなりますので、介護や福祉にも深く通じる知識を持つことは、どんなシーンでも大いに役立つことになるでしょう。

手話通訳士に必要な資格

手話通訳士になるには、まず第一に基本的な手話のスキルを習得しなければいけません。
外国語学習に例えると、英単語や英文法を習得し、英会話もある程度できるようになるまでの実力をつける必要があります。
この手話に関しては、独学も可能で、通信教育やサークルもありますので、お好みで利用されるとよいでしょう。
基本的な手話技術をマスターしたら、手話通訳の訓練をします。

「手話通訳士」を名乗る為に、厚生労働省が認定する手話通訳士の資格取得がお勧めです。
あるいは、「都道府県認定の手話通訳者」の試験に合格すれば、多くの現場で仕事をすることができます。
全国で活躍している手話通訳者のほとんどはこの試験の合格者になります。

実際には、手話通訳士だけを学ぶことができる学校はほとんどありませんので、介護福祉士や社会福祉士を目指しつつ、手話通訳の勉強もするというケースが一般的です。

手話通訳士としての求人は多くない為、その多くが職員として採用されて、他の仕事と兼務しながら手話通訳士の技術を生かしているようです。